バーンマシン中古を選ぶときの注意点!ユーズドのメリット・デメリット検証

中古のバーンマシンを選択肢にいれるべき?

ユーズド品の魅力はシンプルに安さです!でも買う前に

考えるべきチェック項目があります。

中古を購入する時、どんな点に注意するべきかまとめました。

中古のバーンマシンを買うのはリスキー?

今の時代、中古のものを探すのも楽になりました。

実際の店舗に足を運ぶことなくネットで探せます。

しかも、主流だったヤフオクに加えもっと手軽に個人で売買できる

フリマアプリも登場して、中古市場はどんどん拡大しています。

でも、値段だけに釣られて購入すると思わぬ落とし穴に落ちてしまうかも!

一体、どんな点に気を付ければ良いのでしょうか?

中古バーンマシンのメリット・デメリット

メリット
・通常価格より安く買える
・思わぬ掘り出し物を見つけられる可能性がある
・さらに、値下げなどの交渉ができる可能性がある

やっぱり、一番のメリットは値段の安さです。

新品の値段では手が出せない人も、中古品の場合なら買えることもあります。

デメリット
・写真と商品説明だけなので、状態が確かめられない
・新品とは違うので、買ってもアフターサービスを受けられない場合がある
・出品者の主観によっての説明なので、あなたの主観とズレが生じやすい。

ユーズド品ということはそれまでにどんな使われ方を

してきたのかわかりません。それに、保管状態も。

一番のネックはバーンマシンに不具合が生じたときに

アフターサービスを受けられないことです。

それでも、いい!
「自己責任において、オレは中古品の価格に大いに魅力を感じるから中古にする」

という覚悟のある人なら中古の購入も全然止めません!

でも、こう言われてみると確かに新品の方が安心かもと思った人は、

新品を買ったほうが精神的に楽です^^

⇒バーンマシン 新品の詳細はこちら

バーンマシン中古の価格相場は?新品の在庫あり情報

割安、割安といわれる中古品ですがどれぐらいの相場で

販売されているのか調べてみました。

価格の安さに期待して、リサイクルショップに出かけたら

全然安くなかったみたいな状態はあるあるですからね^^

普通の状態のバーンマシーンの中古相場はおよそ10000円前後です。

でも、これは落札価格のみです。

ここからさらに送料がかかるので、落札価格に

1000円~2000円上乗せした金額を考えたほうがいいです。

でも、バーンマシーンて重いから地域によっては

もっと送料がかかる場合があります。良く確認しましょう。

あと、あの免罪符のようなあの魔法の言葉を書いている出品者もいるので

確認しましょう。その言葉とは!

「ノークレームノーリターンでお願いいたします。」

この言葉を書いておくだけで、出品者は安心なんです。

届いた商品に何か問題があってクレームを送っても

この文言を前面に出して対応してきますよ!要注意。

バーンマシーンの中古ですが、思ったよりも全然割安感

お得感はありませんね。

これならば、新品を購入したほうが全然マシです。

どこでバーンマシーンを買えば安いのか、在庫ありはどこ?

新品を買う場合どこで買うのかお得なのか調べてみました。

中古相場とも比較してくださいね。

まずは、公式サイト。

価格が19800円でした。

でも在庫切れです。入荷予定日などの表記もなしです。

いつ手元に届くのかわからない状態です。

すぐにでも鍛えたいのに・・・。

次は、楽天です。

▼楽天の詳細はこちら▼

楽天は在庫ありです。

1~3日くらいで発送してくれます。

商品価格は19800円、本州のみ送料無料です。

楽天ユーザーならここがオススメです。

次はアマゾンです。

⇒バーンマシン アマゾン価格はこちら

商品価格が21384円です。

上の2つのサイトに比べるとちょっとだけ高いです。

でも、アマゾンポイントが4117ポイント付くので4117円引きと考えられます。

価格がちょっと高くてもアマゾンユーザーなら充分狙い目です!!

21384円-4117円=17267円

で買える計算になります。

ポイントは次回の買い物の時に使えばいいですもんね^^

送料はもちろん無料です。

アマゾン価格でも、高く感じるならば

10%ほど安く買う方法を紹介するので参考にしてください。

⇒電子ギフト券売買サイト「amaten」の詳細はこちら

↑のサイトでアマゾンの電子ギフト券が額面より最大10%くらい

安く販売されているのでそれを購入して、アマゾンで買うという方法です。

私的まとめ

変なクセのついた中古品を買うのなら

まっさらな新品でカラダを鍛えたい。

夏までもう時間がありません。

急いでカラダを作りましょう^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする