イヤホン型耳栓の販売してる重要サイト。お役立ち情報はこちら!

イヤホン型耳栓を販売してるサイトを探して!

今の時代、なにかしら音がしていますよね

それらを総じて環境騒音といいます。

集中して物事に取り組みたい時にこの環境騒音がジャマになります。

この音がなくなればいいなと思いながらも我慢している人は多いと思います

もっと生産性もあがるでしょう。

その対策グッズとしてイヤホン型の耳栓が売られています。

昔ながらの耳栓という感じではなく

とてもスタイリッシュです。

販売店しているサイトを探してみました。

Amazonで探してみました。

まずコチラ

⇒デジタル耳せん 黒 MM2000の詳細はコチラ

↑のウリは騒音の95%をカットしてくれるのに人の声は聞こえるところです。

⇒dBud スライド操作で環境音を調節、音をクリアにするイヤープラグ/耳栓の詳細はコチラ

↑のうりは電池を必要としない点です。スライドするだけで調整が可能

代表的なのはこの2つです。

あとはよくわからないメーカーの物が多数。

最近、Amazonでよく見かける感じのチャイナ感満載のものです。

値段は安いですが、実際肌に触れるものですし性能的にどうなのか?

保証はどうなのか不安な点があるので紹介はしません。

イヤホン型耳栓を探しているならこの2つから試してみるのが

いいかもしれません。(耳栓てイヤープラグっていうんですね)

キングジムデジタル耳せん黒MM2000クロの口コミ

実際の使い心地はどうなのでしょう?

気になりますよね。

値段も値段だし、使う前にどんな感じなのか

知りたいと思うのは当然のことです。

そこで、実際の使用者の口コミをご紹介します。

参考にしてみて下さい。

ここから

まあ、このアイテムは物音ひとつしない静けさを手にできる道具じゃありません。

外部の雑音を完璧に消し去って毎日の生活に静けさの環境を作りたいということで

欲しいと思っている人の目的には合いません^^

商品詳細に記されていることに間違いなく、話し声や駅や空港、電車内の

案内のアナウンスなどは20パーセントほど大きさを削減してくれますが、

無理なく耳に入ります。

削減されるのは、自分が足音などです。電車の動き始める音、街のザーという環境騒音などはほぼシャットアウトしてくれます。

実際に使ってみれば実感してもらえる効果ですが言葉で表現するのは。。。

しかし、体感して言い切れるのは、本アイテムでカットされる静かな状況は

確実に集中する力が上昇し、気がつくとそれが心地良いということです。

ここまで

集中力を上げたいなら試してみる価値がありそうです。

⇒デジタル耳せん 黒 MM2000の詳細はコチラ

dBud スライド操作で環境音をクリアにするイヤープラグの口コミ

キングジムに対してdBudのイヤープラグの口コミは

どうなのでしょう?

こちら電池いらずがウリですがその効果のほどは

気になりますよね。

それでは口コミご覧ください。

ここから

ライブ用に購入しました。

実際のライブで付けた感想は

昔、友達のライブに行ったときアンプの音がでかすぎて

ライブ後4時間くらい耳の中でキーンという音がして以来トラウマに

なったからです。アマチュアバンドはなぜあんなに爆音に

するのか(人が結構いてアンプの前から逃げられなかった)

今度のライブも、やはりアマチュアで付き合いとして

参戦するので買いました。耳は大事。

装着した段階で思ったより音が防げて

その状態でライブに望みました。

結果、耳がキーンとすることもなく

ライブ終了までいけました。

日常生活でも使おうかなと思ってます。

ここまで

耳は大事ですよね。難聴は治らないと言われていますし。

音環境が劣悪な場所に行くなら必須かもしれません。

⇒dBud スライド操作で環境音を調節し、音をクリアにするイヤープラグ/耳栓の詳細はコチラ

日本人向けの耳栓があるって知ってますか?

デジタル耳栓やオシャレイヤープラグとありますが

まず、日本人であることを忘れてはいけません。

日本人向けのデザインとして雑誌モノクロでも紹介されて

累計販売1万個突破しています。

汚れても繰り返し洗えるところも衛生的で

うれしいです。

スポンジ式だと使い捨てですから。

保証も1年付なので耐久性もバッチリありそう。

こんな悩みに!1つでも当てはまったらお試しを

・ゆっくり寝たい

・周囲の雑音を遮音したい

・ライブやフェスの音の大きさが苦手

・近所での工事音がうるさい

・集中して取り組みたいことがある

⇒【日本人向けデザイン耳栓】の詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする