fh-g3217y 価格が安いのはこちら

fh-g3217y 価格を調べた

この寒い時期を乗り切るための必須アイテム

fh-g3217yです。

日本製の石油ファンヒーター。

エアコンよりも暖かさがダイレクトに伝わるので

寒さに弱い人にもおすすめ。

でも、換気のひつようがあります。

(安全のために、1時間に1~2回行いましょう)

換気をすると寒くなってしまいますが

なんとなく、外の空気に触れるとほっとすることも。

そんなfh-g3217yの価格、どこで買うと安いのか

調べてみました。

まずは、通販といえばのサイト。

楽天から見てみます。

9568円です。

送料も無料です。楽天で買って送料無料なのはありがたいですよね。

あまりに、安価なものだと送料別が基本ですから。

送料かかると送料代分、損した気持ちになりますもんね。

つづいて、アマゾンでfh-g3217yの価格を

調べてみます。

⇒石油ファンヒーター FH-G3217Y(S)の詳細はコチラ

9568円で関東への送料が無料です。

ただ、アマゾンが出品している商品ではないので

配送スピードに期待してはいけません。

価格も同じなので楽天で買うか、アマゾンで買うかは

自分の好み次第です。

FH-G3217Yの暖かくなるまでの時間は?

寒い冬の朝、すぐに部屋を暖かくしたいですよね。

でも石油ファンヒーターって点火されるまで時間がかかるって思っている方に朗報です。

確かに昔の石油ファンヒーターを使っていた方は、中々点火せずに寒い時間を

過ごしていたと思いますが、このFH-G3217Yは、全く違います。

FH-G3217Yに7秒間だけあげて下さい!
それだけで、点火して部屋を暖めてくれます。

これがコロナの秒速点火です。
寒い冬や冷えた脱衣所で大活躍。

昔の石油ファンヒーターのイメージを
みごと覆してくれます。

⇒石油ファンヒーター FH-G3217Y(S)の詳細はコチラ

fh-g3217y 燃費はどれくらいなのか?

fh-g3217yの燃費はどれくらいなのか?

気になったのでいろいろ調べた見たのですが

燃費に関する情報はみつかりませんでした。

でも、新しい型式なので昔の製品よりは

確実に燃費は改善されていると思います。

そのうえ、タンクの容量5Lなので相当もつと思います。

それ以外の機能でも、給油時自動消化機能もついていて
fh-g3217yを動かしている状態で

石油タンクを抜くと、自動で
消火してくれるので気にすることなく

石油が減ったら、給油できます。

燃費も大事ですが燃費が良くなるエコモードなど

を使うと室温が低い温度に設定されてしまうので

暖かさという観点ではエコモードは不向きだと思います。

⇒石油ファンヒーター FH-G3217Y(S)の詳細はコチラ

fh-g3217yを使った感想

さて、アマゾンでもベストセラー1位を獲得

しているfh-g3217yですが

実際使った人はどんな感想を持っているのでしょうか?

気になりますよね。いざ、実際買ってみて自分の

使い方に合っているのかイメージ通りの

製品なのか?使った人の感想を参考にしてみましょう。

ここから

部屋の広さは8畳くらい、fh-g3217yは
大きさもなく場所を取りません。

寒い時期に室内温度9度から10分ほど
すれば部屋はじんわり暖まります。

7秒で点火する秒速機能が
ついていますが、使わなくても

1分ほどで点火されるので必要十分です。
それにコロナ!日本製。

体感的に燃費も良いと思います。

ここまで

ここで燃費の話が出てきました。

実際に使っている方が燃費が良いと言っているので

本当に燃費は良さそうですね^^

なんだかんだ燃費がいい石油ファンヒーターの方がいいですもんね。

⇒石油ファンヒーター FH-G3217Y(S)の詳細はコチラ

fh-g3217yを使った感想2

様々な機能を持ったfh-g3217y。

前回掲載した感想の評判が良かったので

今回も実際に使った人の感想をご紹介します。

ほんとに参考になりますよね。使用者の感想は^^

それではご紹介します。参考になれば幸いです。

ここから

6畳の部屋で使用してます。
朝1時間30分、夜3時間程度の使い方。

それで、週1の給油ですんでいます。
ただ、部屋の中は乾燥しがちになるので

濡れたタオルや洗った洗濯物を
干しておくか、加湿器を購入したほうが

良いでしょう^^寒がりな自分も
満足な暖かさを提供してくれるfh-g3217y。

コンパクトな大きさとシンプルな機能
買いやすい価格!で大満足です。

ここまで

具体的な燃費を教えてくれてます。

使い方の想像も膨らむんじゃないでしょうか?

これを参考に取捨選択できます。

加湿器も必須になってくるのでしょうね。

⇒石油ファンヒーター FH-G3217Y(S)の詳細はコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする