IC-FAC2のレビュー紹介所はこちら

IC-FAC2のレビューはこちら

やっぱり布団は清潔にしたいですもんね!
何と言っても人生の3分の1を過ごす場所ですから。

でも、実際に使ってみてどんな感じなのか
気になりますよね。

そこで今回は、実際に使っている人の
レビューを集めてみました。

ここから

コードありとコードなしで迷いましたが
コードありを選んで正解だったと思います。

吸引力の低下や時間を気にしないで使えますから。

叩いてほこりを浮かせて吸い込むのと
温風のダブルアクションがとても良いです。

それとIC-FAC2を使った後に出る
埃の多さに驚きますよ。

ここまで

知らないうちにダニや埃で汚れてしまう布団。
定期的にIC-FAC2を使って清潔に保ちたいですね。

眠りの質も良くなりそうです。

もしかしたら良い夢も見られるかもしれません。

⇒IC-FAC2の詳細はコチラ

IC-FAC2のレビューはこちら2

前回に引き続きIC-FAC2のレビューを
お送りします^^

やっぱり布団の汚れを気にしてる人が
多いようです。

テレビや雑誌でも大きく取り上げてますもんね。
健康に悪いと。

そうなれば、布団をキレイにするしかありません。

気になるIC-FAC2のレビューを
集めてみたので参考にしてください。

ここから

吸引力が強い分、音も大き目かなと思います。
効果のほどはどうかと初めて掛けてみたところ

かなりの埃が取れました。
こんな布団で寝ていたのかと思うと怖くなるくらい。

今後は定期的に、IC-FAC2を使い
布団を清潔にキープして快眠と惰眠を貪りたい^^

本体もコンパクト、それほどの重さも感じず
使いまわせます。

ここまで

音は多少、大きいみたいですね。
でも吸引力を強くした結果ですからね。

寝る時に掛けないから特に問題ないと思います。
それよりも布団の清潔の方が大事。

自分の健康、家族の健康にかかわってくる話ですからね。

⇒IC-FAC2の詳細はコチラ

IC-FAC2アマゾンと楽天で価格比較

IC-FAC2どうせなら安く買いたい!

ネットでのレビューをみるとそう思わされるほどの評価。

なるべく安く買うにはどうしたらいいのか

考えた結果、ネット通販でのIC-FAC2の価格を調べました。

サイトは信頼の置けるところ限定です。

(自分で買い物して問題なかったサイト)

ますは、こちら楽天、泣く子も黙る楽天さん!

今度は携帯会社をやるみたいですね。

格安スマホではものたりなかったのでしょうかね?

楽天最安価格はこちら

7236円です。しかも楽天にしては珍しく送料無料。

送料無料はうれしいですよね。

この値段なら即決できます。

続きましてアマゾン。

⇒ IC-FAC2の詳細はコチラ

アマゾンは、7116円でした。

アマゾンの方が安いですね。価格差自体は少ないですが

配送スピードを考えると、アマゾンの方がいいのかな!?と^^

届くまでの時間にストレスを感じがちな人は、アマゾンがオススメです。

普段使っているのが楽天ならば、楽天でもいいですよね。

使い慣れているサイトの方が楽ちんですから。

 IC-FAC2のサイズ

IC-FAC2のサイズはどれくらいなんでしょう?

せっかく買っても自分の家に置くスペースがなかったら邪魔になってしまいます。

届いてその大きさにびっくりしても手遅れです。

そうなる前に、IC-FAC2のサイズを把握しておくことが大事。

まずは、寸法から

使う時の参考寸法として
幅25センチx奥行45.9センチx高さ21.2センチ

収納モードの寸法
幅25センチx奥行14.4センチx高さ40.3センチ

コンパクトサイズに作られていて
場所を取りません。

更に、自立式なので狭いスペースでも
すっきり置けます。

だらんとしてると、余計なスペースが
必要になります。

ホースがじゃばらのなっている掃除機の
常ですね。これがないだけでとてもコンパクトになります。

一人暮らしのメンズにはうってつけです。

⇒ IC-FAC2の詳細はコチラ

IC-FAC2の性能は?超吸引?

性能、前回はサイズだけお伝えしましたが重さもコンパクト!

約1.6キロと軽量で取り回しも抜群。

それでいてハウスダストの除去率驚きの98%超え(3分間で)

独自の気流で、パワフルな吸引力を実現。
クリーナーを掛けた後のフィルターを見て、ぜひとも驚いてください。

その吸引力を、効果的にするのが1分間のたたき回数6000回、

このたたきでほこりやダニを浮かせて吸い取ります。

汚れ具合も、色で表示してくれるのでわかりやすいです。

赤の時は、一生懸命がんばってクリーナーをかけて下さい^^

信号と同じで、赤は危険、黄色注意、青ススメ

みたいな感じです。

⇒ IC-FAC2の詳細はコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする