辛いにんにくの食べ方

辛いにんにくは薬味で食べる

時期によるのか産地によるのか分からないが

辛いにんにくがあります。

そんな時は、じぶんは薬味に使っています。

コツは焼き肉のたれの甘口の薬味にすることです。

ニンニクの辛みを焼き肉のたれの甘口が

中和してくれます。

辛みがほどよいアクセントにもなって

相乗効果を生み出します!

にんにくは生で食べるのが一番だと思っているので。

栄養素的に。火を通すと壊れてしまう重要な栄養があるので。

⇒辛いにんにくと相性バッチリの焼き肉のたれはこちら

これ美味しいです^^

前までエバラだったんですけど。

薬味に使うなら歯ごたえが必須

薬味にしたなら歯ごたえを楽しむ。

にんにくのシャキシャキがたまらない^^

なのですりおろしたり、にんにく絞り器

は使いません。

包丁で細かくみじん切りにしてもいいんですが

これを使うと楽ちんです。

⇒ぶんぶんチョッパーの詳細はこちら

13回ぶんぶんするのが個人的におすすめです。

洗うのもらくで手もにんにく臭がしないです。

にんにくのにおいを6割消す方法

にんにくおいしいけど臭いが気になります。

でも、その臭い6割くらい消えます。

ニンニクを食べた後、生のりんごを食べてください。

皮のありなしは問いません。

りんごを食べることでニンニクの臭いが6割減です。

そして、歯磨きをすればさらに2割ほど減。

ほぼほぼ臭いがなくなります。

(経験上)

ニンニクのを食べるときは、りんごも

セットにして食べれば臭い問題も軽減されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする